シネマテクノロジー

おすすめコンテンツ

事業者向け最近の記事コロナ禍関連デジタルシネマ名前付け規則愛好家向け

デジタルシネマ名前付け規則 オンラインチェッカーのご案内

劇場で上映素材を見付けやすいように DCP のファイル名はデジタルシネマ名前付け規則 (DCNC) に則って付けることが推奨されますが、適切な名前が付けられたかどうかをチェックするのは容易ではありませんでした。 そこで、 […]

コメントなし

デジタルシネマ名前付け規則: ISDCFレジストリへの登録 (スタジオ、DCP制作設備)

正しくパッケージされた DCP のファイル名には配給元の映画会社や制作会社を知るためのコードも埋め込まれています。 これらのコードはデジタルシネマ名前付け規則に基づくもので、劇場で上映素材を選ぶ際に貴重なヒントとして利用 […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、Alamo Drafthouse の破産申請

世界中がコロナ禍に見舞われて早一年。米国の中堅映画館チェーン Alamo Drafthouse Cinema の破産申請が発表されました。 米国の映画館営業が再開されようとする矢先の出来事でもあり、とても残念な思いです。 […]

コメントなし

画枠と画像の合わせ込みツールの公開

実際の画像をDCPの画枠に合わせ込む際の各種パラメータを計算するツールを公開します。 DCP にパッケージしたい画像を配給可能な画枠に埋め込む際の画像の調整時の参考情報としてご利用ください。 デジタルシネマ名前付け規則の […]

コメントなし
デジタルシネマ名前付け規則全体図

デジタルシネマ名前付け規則、ページリニューアル 2021

前回のお知らせ『デジタルシネマ名前付け規則、ページリニューアル』からの続報です。 最新の各種登録データが随時閲覧用のページに反映されるように本家 ISDCF のサイトで改訂作業が進められてきましたが、更新頻度の高いページ […]

コメントなし

シネマテクノロジー、ゆく年くる年 (2020)

今なお世界を席巻するコロナ禍によりシネマ業界も未曾有の大打撃を受けた一年となりました。 ワクチン開発の知らせが流れ始めたとはいえ、新たな日常に落ち着くまでにはまだまだ時間が掛かりそうで、映画業界の回復にもかなりの長期戦を […]

コメントなし
CinemaCon 2021 Scheduled

CinemaCon 2021 開催予定

コロナ禍の影響で本年度の開催が見送られたシネマ業界最大のトレードショー CinemaCon ですが、来年度の開催予定(8月23〜26日)が発表されました。

コメントなし

映画館の紫外線殺菌

コロナ禍の収束に見通しが立たない中、映画館のニューノーマルとして様々な対策が講じられていますが、シネマプロジェクターのクリスティから映画館の紫外線殺菌のための製品がアナウンスされましたのでご紹介します。 参考情報 Chr […]

コメントなし

IMAX vs. ドルビーシネマ 『TENET』編

コロナ禍の影響で世界的に公開が遅れていたクリストファー・ノーラン監督の新作『テネット』 “TENET”(2020)[IMDb] ですが、今回この作品をIMAXレーザーとドルビーシネマの両方で観賞す […]

コメントなし

IMAX vs. ドルビーシネマ 2020

前回『IMAX vs. ドルビーシネマ』と題して比較記事を書いてから約2年が経過し、国内の状況もかなり変わってきました。引き続き両者に関する関心が高いようなので、今回も双方実際の劇場での体験をもとに、最近の状況を踏まえな […]

コメントなし

SMPTE DCP Bv2.1 アプリケーションプロファイル 無料公開

今日世界各地で広く利用されているデジタルシネマパッケージ規格である SMPTE DCP について、その運用上の制約を規定する 『SMPTE DCP アプリケーションプロファイル』 (SMPTE RDD52) が無料で公開されました。
通常 SMPTE の規格は有料にて販売されていますが、SMPTE DCP の市場普及を促進すべく、長らく ISDCF から SMPTE に対して働き掛けを続けてきた結果、遂に無償公開の運びとなりました。関係者の努力に感謝です。

2 comments

デジタルシネマ適合性テストプラン改訂版 DCSS CTP1.2.1 発行

デジタルシネマシステムの適合性を認証するためのテスト手順を規定する文書 (DCSS CTP) が改訂されました。 今回のバージョンは2014年に発行されたCTP1.2に加えられた修正項目をひとつの文書にまとめ込んだもので […]

コメントなし
デジタルシネマ名前付け規則全体図

デジタルシネマ名前付け規則、ページリニューアル

本家 ISDCFDCNC デジタルシネマ名前付け規則のページがリニューアルされたのに伴い、こちら日本語訳のページもリニューアルしました。 新しいページは以下のリンク 日本語版 デジタルシネマ 名前付け規則 または […]

コメントなし
DCSS1.0

デジタルシネマ15周年 / DCSS1.4 発行

2005年7月20日に DCI から『デジタルシネマシステム仕様1.0』(DCSS 1.0) が発行されてから15年が経過しました。そして15周年の記念日となる2020年7月20日、初版から数えて四つ目の改訂版 DCSS […]

コメントなし

映画館営業再開後の課題

首都圏の映画館の営業が順次再開されてきましたが、感染の脅威は消え去った訳ではないので、以前のように映画館での上映を楽しめるようになるにはまだまだ課題が残されているようです。 感染を防ぐ手立てを施しながらどのように映画を楽 […]

コメントなし
CineEurope 2020 Online

CineEurope 2020 オンライン開催

コロナ禍の影響で世界的にトレードショーやカンファレンスの開催が見送られてきましたが、ウィズコロナの試みとして今年のCineEuropeはオンラインで開催されることになりました。 CineEuropeは文字通り欧州のシネマ […]

コメントなし
キノシールド

映画館の抗菌対応

緊急事態宣言が全国的に解除され、首都圏の映画館でも営業再開に向けた準備に余念がないことかと思いますが、観客として気になるのは上映作品のラインナップもさることながら、映画館の衛生対応の状況かと思います。そんな中で、映画館の […]

コメントなし

映画館営業再開への準備

米国では感染再拡大が懸念されながらも、映画館など各種娯楽施設の営業再開に向けた動きが活発化しています。そんな中で劇場オーナーにも具体的な対策の準備を進めているところもありますのでご紹介します。 参考情報 EVO Shar […]

1件のコメント

映画館休業中の今できること、今だからこそやっておきたいこと

映画館の休業を余儀なくされる中、家庭でのネットストリーミングに流れる動きもあるようですが、今だからこそ映画館の価値を高めるためにできること、やっておきたいことを考えてみます。 ネットストリーミングで良いの? ここ数年、ネ […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、AMC 破産手続きの可能性

世界的に明るい話題が出てこない映画業界ですが、米国最大手の映画館チェーン AMC Theatres が破産手続きに向けた検討に入った模様です。 関連報道: The Hollywood Reporter: AMC Thea […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、長期休業後のシステム再稼働への備え

漸く首都圏他、大都市圏を対象とした緊急事態宣言が発効し、対象地域の映画館はほぼ全館長期休業を余儀なくされることになりそうです。 シネマ業界に与える影響は各国と同様に甚大なものになることが懸念されますが、業界団体が先導する […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、続報

都内での経路不明の感染拡大に伴い、この週末は首都圏の多くの劇場で上映が休止されることになりそうです。一方、海外でも様々な動きが続いているようなので、順次取り上げたいと思います。 米国上院の高速対応 先週 NATO から提 […]

1件のコメント

新型コロナウイルスによる影響

新型コロナウイルスの感染拡大により既に世界中の経済に影響が出ていますが、シネマ業界も例外ではありません。業界内での動きについて記しておきたいと思います。 世界各地で閉鎖される映画館 当初感染が確認された中国では早くからす […]

コメントなし

CinemaCon 2020 中止決定

先週まで開催努力の継続が報じられていたのですが、とうとう今年のシネマコンの中止が決定したようです。

色々と新しい話題に関する予報も出ていただけに大変残念ですが、引き続き業界内の動きをフォローしていきたいと思います。

コメントなし

デジタルシネマ名前付け規則 オンラインチェッカーのご案内

劇場で上映素材を見付けやすいように DCP のファイル名はデジタルシネマ名前付け規則 (DCNC) に則って付けることが推奨されますが、適切な名前が付けられたかどうかをチェックするのは容易ではありませんでした。 そこで、 […]

コメントなし

デジタルシネマ名前付け規則: ISDCFレジストリへの登録 (スタジオ、DCP制作設備)

正しくパッケージされた DCP のファイル名には配給元の映画会社や制作会社を知るためのコードも埋め込まれています。 これらのコードはデジタルシネマ名前付け規則に基づくもので、劇場で上映素材を選ぶ際に貴重なヒントとして利用 […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、Alamo Drafthouse の破産申請

世界中がコロナ禍に見舞われて早一年。米国の中堅映画館チェーン Alamo Drafthouse Cinema の破産申請が発表されました。 米国の映画館営業が再開されようとする矢先の出来事でもあり、とても残念な思いです。 […]

コメントなし

画枠と画像の合わせ込みツールの公開

実際の画像をDCPの画枠に合わせ込む際の各種パラメータを計算するツールを公開します。 DCP にパッケージしたい画像を配給可能な画枠に埋め込む際の画像の調整時の参考情報としてご利用ください。 デジタルシネマ名前付け規則の […]

コメントなし
デジタルシネマ名前付け規則全体図

デジタルシネマ名前付け規則、ページリニューアル 2021

前回のお知らせ『デジタルシネマ名前付け規則、ページリニューアル』からの続報です。 最新の各種登録データが随時閲覧用のページに反映されるように本家 ISDCF のサイトで改訂作業が進められてきましたが、更新頻度の高いページ […]

コメントなし

シネマテクノロジー、ゆく年くる年 (2020)

今なお世界を席巻するコロナ禍によりシネマ業界も未曾有の大打撃を受けた一年となりました。 ワクチン開発の知らせが流れ始めたとはいえ、新たな日常に落ち着くまでにはまだまだ時間が掛かりそうで、映画業界の回復にもかなりの長期戦を […]

コメントなし
CinemaCon 2021 Scheduled

CinemaCon 2021 開催予定

コロナ禍の影響で本年度の開催が見送られたシネマ業界最大のトレードショー CinemaCon ですが、来年度の開催予定(8月23〜26日)が発表されました。

コメントなし

映画館の紫外線殺菌

コロナ禍の収束に見通しが立たない中、映画館のニューノーマルとして様々な対策が講じられていますが、シネマプロジェクターのクリスティから映画館の紫外線殺菌のための製品がアナウンスされましたのでご紹介します。 参考情報 Chr […]

コメントなし

IMAX vs. ドルビーシネマ 『TENET』編

コロナ禍の影響で世界的に公開が遅れていたクリストファー・ノーラン監督の新作『テネット』 “TENET”(2020)[IMDb] ですが、今回この作品をIMAXレーザーとドルビーシネマの両方で観賞す […]

コメントなし

IMAX vs. ドルビーシネマ 2020

前回『IMAX vs. ドルビーシネマ』と題して比較記事を書いてから約2年が経過し、国内の状況もかなり変わってきました。引き続き両者に関する関心が高いようなので、今回も双方実際の劇場での体験をもとに、最近の状況を踏まえな […]

コメントなし

SMPTE DCP Bv2.1 アプリケーションプロファイル 無料公開

今日世界各地で広く利用されているデジタルシネマパッケージ規格である SMPTE DCP について、その運用上の制約を規定する 『SMPTE DCP アプリケーションプロファイル』 (SMPTE RDD52) が無料で公開されました。
通常 SMPTE の規格は有料にて販売されていますが、SMPTE DCP の市場普及を促進すべく、長らく ISDCF から SMPTE に対して働き掛けを続けてきた結果、遂に無償公開の運びとなりました。関係者の努力に感謝です。

2 comments

デジタルシネマ適合性テストプラン改訂版 DCSS CTP1.2.1 発行

デジタルシネマシステムの適合性を認証するためのテスト手順を規定する文書 (DCSS CTP) が改訂されました。 今回のバージョンは2014年に発行されたCTP1.2に加えられた修正項目をひとつの文書にまとめ込んだもので […]

コメントなし
デジタルシネマ名前付け規則全体図

デジタルシネマ名前付け規則、ページリニューアル

本家 ISDCFDCNC デジタルシネマ名前付け規則のページがリニューアルされたのに伴い、こちら日本語訳のページもリニューアルしました。 新しいページは以下のリンク 日本語版 デジタルシネマ 名前付け規則 または […]

コメントなし
DCSS1.0

デジタルシネマ15周年 / DCSS1.4 発行

2005年7月20日に DCI から『デジタルシネマシステム仕様1.0』(DCSS 1.0) が発行されてから15年が経過しました。そして15周年の記念日となる2020年7月20日、初版から数えて四つ目の改訂版 DCSS […]

コメントなし

映画館営業再開後の課題

首都圏の映画館の営業が順次再開されてきましたが、感染の脅威は消え去った訳ではないので、以前のように映画館での上映を楽しめるようになるにはまだまだ課題が残されているようです。 感染を防ぐ手立てを施しながらどのように映画を楽 […]

コメントなし
CineEurope 2020 Online

CineEurope 2020 オンライン開催

コロナ禍の影響で世界的にトレードショーやカンファレンスの開催が見送られてきましたが、ウィズコロナの試みとして今年のCineEuropeはオンラインで開催されることになりました。 CineEuropeは文字通り欧州のシネマ […]

コメントなし
キノシールド

映画館の抗菌対応

緊急事態宣言が全国的に解除され、首都圏の映画館でも営業再開に向けた準備に余念がないことかと思いますが、観客として気になるのは上映作品のラインナップもさることながら、映画館の衛生対応の状況かと思います。そんな中で、映画館の […]

コメントなし

映画館営業再開への準備

米国では感染再拡大が懸念されながらも、映画館など各種娯楽施設の営業再開に向けた動きが活発化しています。そんな中で劇場オーナーにも具体的な対策の準備を進めているところもありますのでご紹介します。 参考情報 EVO Shar […]

1件のコメント

映画館休業中の今できること、今だからこそやっておきたいこと

映画館の休業を余儀なくされる中、家庭でのネットストリーミングに流れる動きもあるようですが、今だからこそ映画館の価値を高めるためにできること、やっておきたいことを考えてみます。 ネットストリーミングで良いの? ここ数年、ネ […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、AMC 破産手続きの可能性

世界的に明るい話題が出てこない映画業界ですが、米国最大手の映画館チェーン AMC Theatres が破産手続きに向けた検討に入った模様です。 関連報道: The Hollywood Reporter: AMC Thea […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、長期休業後のシステム再稼働への備え

漸く首都圏他、大都市圏を対象とした緊急事態宣言が発効し、対象地域の映画館はほぼ全館長期休業を余儀なくされることになりそうです。 シネマ業界に与える影響は各国と同様に甚大なものになることが懸念されますが、業界団体が先導する […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、続報

都内での経路不明の感染拡大に伴い、この週末は首都圏の多くの劇場で上映が休止されることになりそうです。一方、海外でも様々な動きが続いているようなので、順次取り上げたいと思います。 米国上院の高速対応 先週 NATO から提 […]

1件のコメント

新型コロナウイルスによる影響

新型コロナウイルスの感染拡大により既に世界中の経済に影響が出ていますが、シネマ業界も例外ではありません。業界内での動きについて記しておきたいと思います。 世界各地で閉鎖される映画館 当初感染が確認された中国では早くからす […]

コメントなし

CinemaCon 2020 中止決定

先週まで開催努力の継続が報じられていたのですが、とうとう今年のシネマコンの中止が決定したようです。

色々と新しい話題に関する予報も出ていただけに大変残念ですが、引き続き業界内の動きをフォローしていきたいと思います。

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、Alamo Drafthouse の破産申請

世界中がコロナ禍に見舞われて早一年。米国の中堅映画館チェーン Alamo Drafthouse Cinema の破産申請が発表されました。 米国の映画館営業が再開されようとする矢先の出来事でもあり、とても残念な思いです。 […]

コメントなし

シネマテクノロジー、ゆく年くる年 (2020)

今なお世界を席巻するコロナ禍によりシネマ業界も未曾有の大打撃を受けた一年となりました。 ワクチン開発の知らせが流れ始めたとはいえ、新たな日常に落ち着くまでにはまだまだ時間が掛かりそうで、映画業界の回復にもかなりの長期戦を […]

コメントなし
CinemaCon 2021 Scheduled

CinemaCon 2021 開催予定

コロナ禍の影響で本年度の開催が見送られたシネマ業界最大のトレードショー CinemaCon ですが、来年度の開催予定(8月23〜26日)が発表されました。

コメントなし

映画館の紫外線殺菌

コロナ禍の収束に見通しが立たない中、映画館のニューノーマルとして様々な対策が講じられていますが、シネマプロジェクターのクリスティから映画館の紫外線殺菌のための製品がアナウンスされましたのでご紹介します。 参考情報 Chr […]

コメントなし

映画館営業再開後の課題

首都圏の映画館の営業が順次再開されてきましたが、感染の脅威は消え去った訳ではないので、以前のように映画館での上映を楽しめるようになるにはまだまだ課題が残されているようです。 感染を防ぐ手立てを施しながらどのように映画を楽 […]

コメントなし
CineEurope 2020 Online

CineEurope 2020 オンライン開催

コロナ禍の影響で世界的にトレードショーやカンファレンスの開催が見送られてきましたが、ウィズコロナの試みとして今年のCineEuropeはオンラインで開催されることになりました。 CineEuropeは文字通り欧州のシネマ […]

コメントなし
キノシールド

映画館の抗菌対応

緊急事態宣言が全国的に解除され、首都圏の映画館でも営業再開に向けた準備に余念がないことかと思いますが、観客として気になるのは上映作品のラインナップもさることながら、映画館の衛生対応の状況かと思います。そんな中で、映画館の […]

コメントなし

映画館営業再開への準備

米国では感染再拡大が懸念されながらも、映画館など各種娯楽施設の営業再開に向けた動きが活発化しています。そんな中で劇場オーナーにも具体的な対策の準備を進めているところもありますのでご紹介します。 参考情報 EVO Shar […]

1件のコメント

映画館休業中の今できること、今だからこそやっておきたいこと

映画館の休業を余儀なくされる中、家庭でのネットストリーミングに流れる動きもあるようですが、今だからこそ映画館の価値を高めるためにできること、やっておきたいことを考えてみます。 ネットストリーミングで良いの? ここ数年、ネ […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、AMC 破産手続きの可能性

世界的に明るい話題が出てこない映画業界ですが、米国最大手の映画館チェーン AMC Theatres が破産手続きに向けた検討に入った模様です。 関連報道: The Hollywood Reporter: AMC Thea […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、長期休業後のシステム再稼働への備え

漸く首都圏他、大都市圏を対象とした緊急事態宣言が発効し、対象地域の映画館はほぼ全館長期休業を余儀なくされることになりそうです。 シネマ業界に与える影響は各国と同様に甚大なものになることが懸念されますが、業界団体が先導する […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、続報

都内での経路不明の感染拡大に伴い、この週末は首都圏の多くの劇場で上映が休止されることになりそうです。一方、海外でも様々な動きが続いているようなので、順次取り上げたいと思います。 米国上院の高速対応 先週 NATO から提 […]

1件のコメント

新型コロナウイルスによる影響

新型コロナウイルスの感染拡大により既に世界中の経済に影響が出ていますが、シネマ業界も例外ではありません。業界内での動きについて記しておきたいと思います。 世界各地で閉鎖される映画館 当初感染が確認された中国では早くからす […]

コメントなし

CinemaCon 2020 中止決定

先週まで開催努力の継続が報じられていたのですが、とうとう今年のシネマコンの中止が決定したようです。

色々と新しい話題に関する予報も出ていただけに大変残念ですが、引き続き業界内の動きをフォローしていきたいと思います。

コメントなし

デジタルシネマ名前付け規則 / DCNC

DCP の名前付け規則の議論に当初から参加してきた筆者が日本市場のために翻訳した日本語版です。ブックマークをして迷った時には随時ご参照ください。

DCNC ContentTitleText Sanity Checker

画枠と画像の合わせ込み : デジタルシネマ名前付け規則 日本語版番外編

デジタルシネマ名前付け規則全体図

日本語版 デジタルシネマ 名前付け規則

デジタルシネマ 名前付け規則 / はじめに (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 全般的な注意事項 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 全体図解 (日本語訳)

DCNC Interactive Guide

デジタルシネマ 名前付け規則 / Quick Chart(日本語版限定)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録1: 言語コード (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録1ab: 言語コード一覧表 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録1c: 廃止された言語コード (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録2: 配給地域とレーティング (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録2ab: 地域コード 一覧表 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録2c: 国際レーティングコード 一覧表 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録3: コンテンツの種類と バージョン番号 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録3a: 3D 作品のラベル付け (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録3c: 予告編 “コンボ” の名前付け (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録4: 音声チャンネル形式と 音声ガイドの言語 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録4b: デジタルシネマ用プライベートUL (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録5: スタジオコード (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録6: DCP 制作設備 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録7: 画面アスペクト比 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録8: 準拠規格とDCPの形式 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録9: オープン/クローズドキャプションファイルの名前付け (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録10: IMAX (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録11: 作成日 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録12: CPL メタデータの拡張 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 記述例 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 謝辞 (日本語訳)

デジタルシネマ 名前付け規則 / 参照規格 (日本語訳)

DCNC / Clickable Cheat Chart

新型コロナウイルスによる影響、Alamo Drafthouse の破産申請

世界中がコロナ禍に見舞われて早一年。米国の中堅映画館チェーン Alamo Drafthouse Cinema の破産申請が発表されました。 米国の映画館営業が再開されようとする矢先の出来事でもあり、とても残念な思いです。 […]

コメントなし

シネマテクノロジー、ゆく年くる年 (2020)

今なお世界を席巻するコロナ禍によりシネマ業界も未曾有の大打撃を受けた一年となりました。 ワクチン開発の知らせが流れ始めたとはいえ、新たな日常に落ち着くまでにはまだまだ時間が掛かりそうで、映画業界の回復にもかなりの長期戦を […]

コメントなし

映画館の紫外線殺菌

コロナ禍の収束に見通しが立たない中、映画館のニューノーマルとして様々な対策が講じられていますが、シネマプロジェクターのクリスティから映画館の紫外線殺菌のための製品がアナウンスされましたのでご紹介します。 参考情報 Chr […]

コメントなし

IMAX vs. ドルビーシネマ 『TENET』編

コロナ禍の影響で世界的に公開が遅れていたクリストファー・ノーラン監督の新作『テネット』 “TENET”(2020)[IMDb] ですが、今回この作品をIMAXレーザーとドルビーシネマの両方で観賞す […]

コメントなし

IMAX vs. ドルビーシネマ 2020

前回『IMAX vs. ドルビーシネマ』と題して比較記事を書いてから約2年が経過し、国内の状況もかなり変わってきました。引き続き両者に関する関心が高いようなので、今回も双方実際の劇場での体験をもとに、最近の状況を踏まえな […]

コメントなし
キノシールド

映画館の抗菌対応

緊急事態宣言が全国的に解除され、首都圏の映画館でも営業再開に向けた準備に余念がないことかと思いますが、観客として気になるのは上映作品のラインナップもさることながら、映画館の衛生対応の状況かと思います。そんな中で、映画館の […]

コメントなし

新型コロナウイルスによる影響、続報

都内での経路不明の感染拡大に伴い、この週末は首都圏の多くの劇場で上映が休止されることになりそうです。一方、海外でも様々な動きが続いているようなので、順次取り上げたいと思います。 米国上院の高速対応 先週 NATO から提 […]

1件のコメント

新型コロナウイルスによる影響

新型コロナウイルスの感染拡大により既に世界中の経済に影響が出ていますが、シネマ業界も例外ではありません。業界内での動きについて記しておきたいと思います。 世界各地で閉鎖される映画館 当初感染が確認された中国では早くからす […]

コメントなし

シネマテクノロジー、ゆく年くる年 (2019)

シネマ技術に関する1年前の予想を振り返りながら、2020年を予想してみたいと思います。 LED シネマディスプレイ Samsung Onyx、Sony Crystal LED に続いて、LG からも DCI 認証を取得し […]

コメントなし

ドルビーシネマの上映品質

全米各地のドルビーシネマの鑑賞体験を重ねる中、ドルビーシネマの上映品質について懸念していたことが顕在化してきました。

コメントなし

『ジェミニマン』のハイフレームレート上映

アン・リー監督の新作『ジェミニマン』が公開されましたが、注目の『ハイフレームレート上映』に付いてはあまり関心が寄せられていないようです。通常の上映と比べて何が違うのか少し解説してみたいと思います。 映画のフレームレート […]

コメントなし

ドルビーシネマ、MOVIXさいたまにオープン、国内首都圏初

当初、2018年中に日本初導入を目指していた松竹マルチプレックスシアターズでしたが、T-JOY博多に遅れること5ヶ月、首都圏初となるドルビーシネマがついにMOVIXさいたまにオープンしました。

早速体験してきましたので、先行する劇場との比較も交えながらレポートします。

コメントなし

横浜みなとみらい地区にミニシアターオープン

3Dだの、4Dだの、プレミアムスクリーンだの、大掛かりで高価な上映システムが注目されることが多い中、落ち着いて良質な映画を楽しむことができそうな劇場が、4月12日、横浜みなとみらいにオープンしました。 関連情報 劇場ホー […]

コメントなし

ソニーデジタルシネマ・プレミアムラージフォーマット、続報:一号館、ラスベガスにオープン

さて、2月にご報告したように、ソニーデジタルシネマ・プレミアムラージフォーマット “Sony Digital Cinema Premium Large-format” の一号館が4月5日、ラスベガス市 […]

コメントなし

ドルビーシネマ、2D で観るか、3D で観るか?

HDR シネマの先駆けとして、全世界で攻勢をかけているドルビーシネマですが、2D 上映と 3D 上映ではどのような優劣があるのでしょうか? これまでデモ映像で Dolby Cinema 3D を体験する機会はあったものの […]

コメントなし

ソニーデジタルシネマ・プレミアムラージフォーマット、発表

ここ数年、シネマ事業のビジネス展開については息を潜めていたソニーから、ついに独自ブランドとしてのプレミアムラージフォーマット (PLF) を今春投入するという発表がありました。技術内容についてはこれまでの製品で明らかにさ […]

2 comments

シネマテクノロジー、ゆく年くる年 (2018)

2018年に起きたシネマ技術を取り巻く記憶に残る出来事を振り返りながら、2019年に予想される出来事を占ってみたいと思います。思い付くまま順不同で列挙してみましょう。 LED シネマディスプレイの登場 2017年から予告 […]

コメントなし

IMAX vs. ドルビーシネマ

日本でもプレミアムスクリーンの選択肢が出てきましたので、その両雄として挙げられる IMAX とドルビーシネマを比較してみましょう。 IMAX IMAX について語る際には少しその歴史を振り返る必要があるでしょう。 フィル […]

コメントなし