カテゴリー

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録3: コンテンツの種類とバージョン番号 (日本語訳)

名前付け規則のコンテンツの種類とバージョン番号の項目は、DCPの中身が – 本編、予告編、短編など – どのような種類に分類されるかを識別する項目です。これにはバージョン番号も含まれます。この項目には最大7文字まで含むことができます。

すべてのDCPは下記のいずれかに分類されます。

コンテンツの種類
略号意味用途
FTR本編
TLR予告編数分程度の本編作品のプロモーション
EPSエピソード連続テレビドラマ等の一話に対応する本編
TSRティーザー通常予告編よりも短い本編作品のプロモーション
PROプロモーション特殊なイベント(フェスティバル、トレードショー等)で使用する本編作品のプロモーション
TSTテスト(フレームチャート、カラーチャートなど)
RTGレーティング(RTGに続いて-F(本編)または-T(予告編)を表記します。)
SHR短編通常本編の前に上映される短い作品
ADV広告ミュージックビデオを含む本編とは無関係なすべての商業広告に使用します。
XSNつなぎの映像(クリップ間のつなぎに使用する全黒映像など)
PSA公共サービスの告知(自治体からの案内など)
POL上映ポリシー(鑑賞マナー、禁止事項など。「スマホを切って」「前の座席を蹴らないで」「禁煙です」)
クリップ長いDCPから抜粋された短いCPL
3Dメガネの指示「3Dメガネを付けてください」の表示
CARD静止画像
HLTハイライト

以下の表(英文)にはCPLContentKind要素の値との対応が含まれます。

CPLの内部

コンテンツの種類は //ContentKind に表記されます。

<CompositionPlaylist xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-7/2006/CPL">
  ...
  <ContentKind>feature</ContentKind>
  ...
</CompositionPlaylist>
追記:

scope属性がない場合、使用可能なSMPTE 429-7 ContentKindの値は以下の通りです。: “feature“, “trailer“, “teaser“, “promo“, “test“, “rating“, “advertisement“, “short“, “transitional“, “psa“, “policy“. 詳細は規格書をご覧ください。

コンテンツの種類 (Content Type) のコードの後ろにバージョン番号を付けるのは重要です。

例えば、本編バージョン2の場合  “FTR-2” を付けます。これは正しいバージョンを選ぶためだけでなく、”OV“と”VF“を正しく組み合わせるために重要です。(付録 8参照) 

作品の分類の項目には2D/3Dの識別しを付けることもできます。(付録 3a参照)

CPLの内部

バージョン番号は //Reel[1]//VersionNumber に表記されます。

<CompositionMetadataAsset xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-16/2014/CPL-Metadata">
  ...
  <VersionNumber status="final">2</VersionNumber>
  ...
</CompositionMetadataAsset>
追記:
  1. VersionNumber要素のstatus属性は下記のいずれかでなければなりません。: “final“, “temp", “pre
  2. CompositionMetatdataAsset要素のVersionNumber要素は CPLContenVersion要素よりも優先します。後者はEIDRのようなレジストリに基づく識別子に適しています。

コンテンツの種類とバージョン番号に続いて、ハイフンで区切られたコンテンツの種類の補助項目を追加することができます。

例:  POL-1-Temp-RedBand-TheatreChain-3D-6fl-48

これらは必要なものだけを選んで、この順序で表記しなければなりません。

コンテンツの種類
の補助項目
説明
Tempこれは映像や音声が暫定的で、完成版ではないことを意味します。 ”preview”版や”rough-cut”版がこれに該当します。これはこのような暫定版が誤って完成版として劇場に配信されてしまうことを避けるためです。映像と音声が完成すれば、Tempという補助項目を削除します。
Pre映像と音声は完成していても、字幕や音声ガイドなどが含まれない”Pre-Release”版の場合はPreという補助項目を付けることでpre-release版であることを表記します。字幕や音声ガイドも追加した配給版が完成したらこのPreという補助項目を削除します。
RedBand米国で配給されるMPAA Red Band(成人向け)予告編には、NATOとMPAAの要請によりDCPのファイル名に明確にこれを表記しなければなりません。これは劇場において上映制限のある予告編であることがより明確に分かるようにし、誤ってG, PG, PG-13 の作品と一緒に上映されるのを避けることを目的としています。このような予告編のレーティングは地域とレーティングの項目にもUS-RBとして表記されます。
CHAIN多くのプロモーション映像や上映ポリシー映像は特定の劇場チェーンやイベント向けに作られます。 この補助項目にはそのような特定の劇場チェーンやイベントの 名前を表記します。
例:  “MovieTitle_Pro-1-Cannes” は作品 ”Movie Title” のカンヌ映画祭向けのプロモーション#1ということを表します。

時には、複数の劇場チェーンで同じ特別版の予告編を使いたい場合があります。この場合、この補助項目に劇場チェーン名の代わりにALTと表記します。
例えば、劇場チェーン ”Grand Cinemas” が末尾に独自の大スクリーンブランドのロゴを付ける以外は、汎用の予告編#1を使いたい場合があるとします。 その場合、次のように表記します。: MovieTitle_TLR-1-GrandCinemas など
しかしながら、もし複数の劇場チェーンがよく知られた大スクリーンブランドのロゴ以外は同じ予告編を使いたい場合、そのDCPの補助項目 にALTと付けることができます。: MovieTitle_TLR-1-ALT
これによりこのDCPTLR-1の汎用的な代替予告編DCPとして共用することができます。
この時、ALTをどのような用途に使うかは、スタジオの劇場チェーンに対する説明次第です。
3D または 2D3D版の場合はこれで表記します。もし2D版と3D版がある場合は、2D版には2D、3D版には3Dと表記します。その作品に2D版しかない場合は、2Dを表記する必要はありません。この補助項目の表記がない場合は、2D 版であるとみなします。
4fl現時点で3D作品に対する標準輝度は存在しません。ある作品は3.5FtLで制作され、別の作品は4, 4.5, 6, 7 さらには 10FtLで制作されます。もし異なる輝度のバージョンを複数作成する場合は、この補助項目に基準とした輝度を表記します。その際、小数点は省略します。
48フレームレート(24fps以外の場合のみ表記)
DVisドルビービジョンでマスターされた映像
ECエクレアカラーでマスターされた映像
CPLの内部

劇場チェーン名は //Reel[1]//Chain に表記されます。

<CompositionMetadataAsset xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-16/2014/CPL-Metadata">
  ...
  <Chain>Grand Cinemas</Chain>
  ...
</CompositionMetadataAsset>

ルミナンス(投影輝度)名は //Reel[1]//Luminance に表記されます。

<CompositionMetadataAsset xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-16/2014/CPL-Metadata">
  ...
  <Luminance units="foot-lambert">3.5</Luminance>
  ...
</CompositionMetadataAsset>

2D作品はMainPicture要素があることで識別できます。これは //Reel[1]/MainPicture にあります。

<Reel>
  ...
  <MainPicture>...</MainPicture>
  ...
</Reel>

3D作品は MainStereoscopicPicture要素があることで識別できます。これは //Reel[1]/MainStereoscopicPicture にあります。

<Reel xmlns:msp-cpl="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-10/2008/Main-Stereo-Picture-CPL">
  ...
  <msp-cpl:MainStereoscopicPicture>...</msp-cpl:MainStereoscopicPicture>
  ...
</Reel>

フレームレートは //Reel[1]/MainPicture/FrameRate または //Reel[1]/MainStereoscopicPicture/FrameRate に表記されます。

<Reel>
  ...
  <MainPicture>
    <FrameRate>48 1</FrameRate>
  </MainPicture>
  ...
</Reel>
追記:
  1. MainPicture要素とMainStereoScopicPicture要素は排他的です。同じReelの中に両方を入れることはできません。
  2. MainStereoScopicPicture要素はSMPTE 429-10規格に規定されています。

日本語訳に関するお問い合わせ: contact@cinematechnology.jp