カテゴリー

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録3: コンテンツの種類とバージョン番号 (日本語訳)

名前付け規則のコンテンツの種類とバージョン番号の項目は、DCPの中身が – 本編、予告編、短編など – どのような種類に分類されるかを識別する項目です。これにはバージョン番号も含まれます。この項目には最大7文字まで含むことができます。すべてのDCPは下記のいずれかに分類されます。

コンテンツの種類の一覧表

 
CPLメタデータで使用する名称と
それが属するスコープの識別子
略号 意味 用途 ContentKind / URI参照規格
CPLの内部

コンテンツの種類は //ContentKind に表記されます。

<CompositionPlaylist xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-7/2006/CPL">
  ...
  <ContentKind>feature</ContentKind>
  ...
</CompositionPlaylist>
追記:

scope属性がない場合、使用可能なSMPTE 429-7 ContentKindの値は以下の通りです。: “feature“, “trailer“, “teaser“, “promo“, “test“, “rating“, “advertisement“, “short“, “transitional“, “psa“, “policy“. 詳細は規格書をご覧ください。

コンテンツの種類 (Content Type) のコードの後ろにバージョン番号を付けるのは重要です。

例えば、本編バージョン2の場合  “FTR-2” を付けます。これは正しいバージョンを選ぶためだけでなく、”OV“と”VF“を正しく組み合わせるために重要です。(付録 8参照) 

作品の分類の項目には2D/3Dの識別しを付けることもできます。(付録 3a参照)

CPLの内部

バージョン番号は //Reel[1]//VersionNumber に表記されます。

<CompositionMetadataAsset xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-16/2014/CPL-Metadata">
  ...
  <VersionNumber status="final">2</VersionNumber>
  ...
</CompositionMetadataAsset>
追記:
  1. VersionNumber要素のstatus属性は下記のいずれかでなければなりません。: “final“, “temp", “pre
  2. CompositionMetatdataAsset要素のVersionNumber要素は CPLContenVersion要素よりも優先します。後者はEIDRのようなレジストリに基づく識別子に適しています。

コンテンツの種類とバージョン番号に続いて、ハイフンで区切られたコンテンツの種類の補助項目を追加することができます。

例:  POL-1-Temp-RedBand-TheatreChain-3D-6fl-48

これらは必要なものだけを選んで、この順序で表記しなければなりません。

コンテンツの種類の補助項目の一覧表

スコープ識別子とCPL中のメタデータの記述例
略号 意味 用途 URI / CPLメタデータ記述例 参照規格
CPLの内部

劇場チェーン名は //Reel[1]//Chain に表記されます。

<CompositionMetadataAsset xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-16/2014/CPL-Metadata">
  ...
  <Chain>Grand Cinemas</Chain>
  ...
</CompositionMetadataAsset>

ルミナンス(投影輝度)名は //Reel[1]//Luminance に表記されます。

<CompositionMetadataAsset xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-16/2014/CPL-Metadata">
  ...
  <Luminance units="foot-lambert">3.5</Luminance>
  ...
</CompositionMetadataAsset>

2D作品はMainPicture要素があることで識別できます。これは //Reel[1]/MainPicture にあります。

<Reel>
  ...
  <MainPicture>...</MainPicture>
  ...
</Reel>

3D作品は MainStereoscopicPicture要素があることで識別できます。これは //Reel[1]/MainStereoscopicPicture にあります。

<Reel xmlns:msp-cpl="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-10/2008/Main-Stereo-Picture-CPL">
  ...
  <msp-cpl:MainStereoscopicPicture>...</msp-cpl:MainStereoscopicPicture>
  ...
</Reel>

フレームレートは //Reel[1]/MainPicture/FrameRate または //Reel[1]/MainStereoscopicPicture/FrameRate に表記されます。

<Reel>
  ...
  <MainPicture>
    <FrameRate>48 1</FrameRate>
  </MainPicture>
  ...
</Reel>
追記:
  1. MainPicture要素とMainStereoScopicPicture要素は排他的です。同じReelの中に両方を入れることはできません。
  2. MainStereoScopicPicture要素はSMPTE 429-10規格に規定されています。

日本語訳に関するお問い合わせ: contact@cinematechnology.jp