カテゴリー

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録2c: 国際レーティングコード 一覧表 (日本語訳)

各地域のレーティングのためのコードとしては MovieLabs レーティングコードが推奨されます。

これらは名前付け規則で使用するために、各地域のレーティング方式の名称を省略した形となっています。

国際レーティングコード 一覧表

重要な注記

言語コード XX は『字幕なし』を表しますが、『レーティングなし』を表す際に地域/レーティングコードとして XX を使用すべきではありません。これは X (成人向け)と間違われる危険性があります。

  • 文字列で絞り込みと書かれた入力欄に文字列を入力すると、その文字列を含む地域名や地域コードを絞り込んで表示することができます。
  • 地域名は日本語名または英語名で表示されます。マウスカーソルをかざすと英語名がポップアップ表示されます。
  • 名前付け規則レーティングコードはデジタルシネマ名前付け規則の文字列に組み込む際に使用する略号で、ファイル名などに組み込まれます。
  • DCPメタデータレーティングラベルはCPLやPKLなどDCPのファイル中でメタデータを表記する際に使用します。
  • レーティング団体欄には各レーティングを管理する組織や団体の略称とそれぞれに付与された識別子(URI)が表示されます。この識別子はレーティングラベルと共にCPLやPKLに記載されます。
  • 用途欄にはレーティングの対象となるコンテンツの種類(本編/予告編)が表示されます。
 
名前付け規則 DCPメタデータ
地域名 レーティング
コード
レーティング
ラベル
レーティング団体
名称(略称)/識別子 (URI)
用途参照


日本語訳に関するお問い合わせ: contact@cinematechnology.jp