カテゴリー

デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録1ab: 言語コード一覧表 (日本語訳)

言語コードは ISO 639-1, 639-2, 639-3 に準拠します。

2文字の ISO 639-1 のコードがある場合はこれを利用することが望まれます。

Q” で始まるコードは ISO 標準には記載されていませんが、言語追加に関する ISO 639-2 の規定に基づいて決めています。

特例として、 “LAS” はラテンアメリカ系スペイン語を表しますが、ISO 639-3 の定義ではラマ語(トーゴで話される言語)を表します。映画配給業界の慣習で “LAS” はラテンアメリカ系スペイン語として既に広く使用されているため、この名前付け規則ではラテンアメリカ系スペイン語として使い続けることにしました。

お手元の古いDCPの中に下表にない言語コードを持つものがある場合、既に使われなくなったコードかも知れません。使われなくなった言語コードの一覧は付録1c をご覧ください。

言語コードは複雑です。コードと補助コードに RFC-4647 や IANA Subtag Registry を使用する場合を含めて、より詳細な情報は http://isdcf.com/papers/ISDCF-Doc7-DigitalCinemaLanguageCodes.pdf(英語版)をご参照ください。

ISDCF では言語コードの情報を公式レジストリ(登録台帳)に移行する作業を進めています。

言語コードリスト(この表は現在テスト中です。)

凡例(日本語版補足)
  • 文字列で絞り込みと書かれた入力欄に文字列を入力すると、その文字列を含む言語名や言語コードを絞り込んで表示することができます。
  • 言語名は日本語名または英語名で表示されます。マウスカーソルをかざすと英語名がポップアップ表示されます。
  • 名前付け規則言語コードはデジタルシネマ名前付け規則の文字列に組み込む際に使用する略号で、ファイル名などに組み込まれます。
  • RFC5646言語タグCPLPKLなどDCPのファイル中でメタデータを表記する際に使用します。
  • 言語名言語コード言語タグをクリックすると、それぞれの欄の文字列を基準として降順、昇順に並び替わります。
  • 用途欄には個々の言語の用途(音声用/字幕用)が表示されます。
ファイル名等の名前付け規則で使用DCP内のメタデータ表記等に使用
言語名 名前付け規則
言語コード
RFC5646
言語タグ
用途 備考

以下の表は Google Docs を参照しており、表示上不具合が発生するかも知れません。こちらの表は最早メンテナンスされおらず、上記公式レジストリの準備が整い次第、削除される見通しです。

* 赤で表記された言語コードは現在 ISO では規定されていませんが、この名前付け規則では推奨するものです。


日本語訳に関するお問い合わせ: contact@cinematechnology.jp