日本語版デジタルシネマ名前付け規則 / 付録6: DCP 制作設備

このページは現在テスト中です。

(クリックして解説を開く)

制作設備名の項目はDCPを作成した会社を記録するために使用します。制作設備名は2〜3文字の略号で表記します。これらの略号は個々の制作設備によって決められ、いつでも自らの都合で変更できます。制作設備の略号は個々の会社の要望に応じて、下のリストに追加されます。新しい設備は頻繁に追加されます。このウェブサイトでは常に最新のリストを閲覧することが可能です。

もしあなたの制作設備がリストになく、追加したい場合は、先に使用されていない希望する3文字のコードを記載して、次のアドレス宛にお知らせください。: digitalcinemanaming@isdcf.com

できる限り速やかに追加しますが、1週間以内に返事がない場合は再度お知らせください。(時にスパムフィルターや休暇によりメールを見落とすことがあります。)

このリストは各々の制作設備を推奨するものでも認定するものでもありません。ここに登録された制作設備は自らの要望に基づいてリストに追加されており、このリストはあくまでも利便性のために提供されています。

CPLの内部 (SMPTE DCP版)

制作設備名は //Reel[1]//CompositionMetadataAsset/Facilityに表記されます。:

<CompositionMetadataAsset xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-16/2014/CPL-Metadata">
  ...
  <Facility>Cloud 19</Facility>
  ...
</CompositionMetadataAsset>

追記: SMPTE 429-16によると、この項目には『CPLを作成した組織』を記載することになっています。


制作設備名は //Issuer にも表記することができます。:

<CompositionPlaylist xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-7/2006/CPL">
  ...
  <Issuer>Cloud 19</Issuer>
  ...
</CompositionPlaylist>

追記: SMPTE 429-7によると、この項目には『CPLを作成した実体』を記載することになっています。

DCP制作設備(会社/組織/ラボ)リスト

設備略号制作設備名備考