デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録9: オープン/クローズドキャプションファイルの名前付け (日本語訳)

クローズドキャプション付きのDCPは “CCAP“、オープンキャプション付きのDCPは “OCAP” という略号で表します。

CCAP または OCAP というコードを使用する際は、言語の項目の最後にハイフンに続いて表記します。

例:

MovieTitle_FTR-1_F_EN-EN-CCAP_US-G_51_2K_ST_20130515_FAC_INT_VF-1

注記:  上の例では、バージョンファイル (VF-1) は OV ファイルにクローズドキャプションを付け加えることを表します。この場合、音声の言語とクローズドキャプションの言語は同じです。  “EN” が言語の項目の音声と字幕の部分の両方に現れています。

このバージョンファイルが紐付けられた OV ファイル (the FTR-1 OV) においては、言語の項目の字幕を表す部分には特定の言語を表すコードは付けられません。

MovieTitle_FTR-1_F_EN-XX_US-G_51_2K_ST_20130515_FAC_INT_OV

言語コードが大文字で表記されている場合、
字幕は上映時にプロジェクターで生成されます。

言語コードが小文字で表記されている場合、
字幕は主映像に既に焼き込まれています。

CPLの内部

クローズドキャプション に関する情報は //Reel//ClosedCaption に表記されています。

<AssetList xmlns:tt="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-12/2008/TT">
  ...
  <tt:ClosedCaption>...</tt:ClosedCaption>
  ...
</AssetList>

オープンキャプション に関する情報は //Reel//MainCaption に表記されています。

<AssetList xmlns:tt="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-12/2008/TT">
  ...
  <tt:MainCaption>...</tt:MainCaption>
  ...
</AssetList>
追記:
  1. キャプションの規格は SMPTE 429-12 に規定されています。
  2. ClosedCaption と MainCaption は CPL TrackFileAssetType の拡張で、ここには記載していないいくつかのサブ要素(オプション要素と必須要素があります)を含みます。詳細は規格書を参照ください。

日本語訳に関するお問い合わせ: contact@cinematechnology.jp