デジタルシネマ 名前付け規則 / 付録5: スタジオコード (日本語訳)

スタジオコードは2〜4文字でスタジオ(映画会社)や作品作成者を表します。これは劇場や配給において、ファイル名から作品が特定できなかったり、作品に関して質問がある場合に役に立ちます。このコードは多くの場合 ISCI コードに基づきます。これらは個々のスタジオによって決定され、スタジオの都合でいつでも変更できます。もしあなたのスタジオが下の一覧表にない場合、希望する3〜4文字のコードを記載して次のアドレス宛にお送りください。: digitalcinemanaming@isdcf.com

ここで下表のスタジオの承認や認定をするものではありません。下表のスタジオは自らの意思で一覧に追加しています。この一覧はあくまでも利便性のために提供されてい ます。

CPLの内部

スタジオは //Reel[1]//CompositionMetadataAsset/Distributor に表記されます。

<CompositionMetadataAsset xmlns="http://www.smpte-ra.org/schemas/429-16/2014/CPL-Metadata">
  ...
  <Distributor>Fox Searchlight</Distributor>
  ...
</CompositionMetadataAsset>
追記:

CPL に記載される情報としてはこれが概ね該当します。SMPTE 429-16によると、この項目には”配給する地域のCPLを担当するスタジオなどの配給”を表記することとなっています。

以下のリストは Google Docs を参照しており、システムによってはうまく表示されないかも知れません。

スタジオ(映画会社)コードリスト(この表は現在テスト中です。)

凡例(日本語版補足)
  • 文字列で絞り込みと書かれた入力欄に文字列を入力すると、その文字列を含むスタジオを絞り込んで表示することができます。
  • 更新日はリスト内容が更新された日付を表します。
  • スタジオコードスタジオ名をクリックすると、それぞれの欄の文字列を基準として降順、昇順に並び替わります。
  • 備考欄には設備の廃止変更等の状況が表示されます。
スタジオコードスタジオ名備考

日本語訳に関するお問い合わせ: contact@cinematechnology.jp